Original

花粉症でメイクが出来ない時の対処法

花粉症の季節は、女子にとっては本当に嫌な季節です。
涙が出るとアイメイクはドロドロになってしまいますし、鼻水が出るとファンデーションが落ちてしまったり、鼻の下が赤くなってしまう事も多いもの。

メイク直しをしても、すぐに崩れてしまうので、メイクを直す気にもならないという人は少なくありません。
もしも自宅で一日を過ごす人なら、この時期にはスッピンで乗り切るという方法もアリかもしれませんが、人前に出るお仕事をしている人だと、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

そこで、涙と鼻水でメイクが崩れやすくなる時期には、崩れることを前提としたメイク直し術を知っておくと便利です。

この記事で、花粉への対処法を見ていきましょう!

アイメイクはウォータープルーフを活用

tool

アイメイクは、花粉症の時期になると涙でどうしてもにじみやすくなってしまうので、にじんでも崩れが目立たないアイメイクをするのが得策です。

華やかな色のアイメイクは目力をアップできて素敵なのですが、にじんでしまうと怖い印象になってしまうので、色味は避けてベージュ系を基本としたナチュラルメイクに切り替えましょう。

マスカラなどはウォータープルーフのものを使用すればよいのですが、徹底的に崩れ防止するためには一般的なウォータープルーフではなくて、マリンスポーツ用のものを選ぶのが効果的です。

また、アイシャドウは出来るだけにじまないように、パウダーではなくてクリームタイプを使うのがおすすめです。
クリームタイプは使い慣れていないと使い方がよく分からないという人が多いのですが、慣れると一色でもうまくグラデーションを出せるようになるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

鼻にはワセリンを塗って対応

Vaseline

鼻水が出ると、鼻の下のファンデーションは取れてしまいますし、鼻の下が赤くなってヒリヒリ痛くなってしまう事は多いものです。

鼻水対策としては、鼻の内側の粘膜にワセリンを塗るという方法が効果的なのですが、鼻の下が赤くヒリヒリしている時にはそこにもワセリンを薄く塗ってあげると良いでしょう。

ワセリンは無色透明の軟膏で、皮膚表面に油の膜を張ってくれます。
そのため、花粉が付着しても粘膜に触れませんし、高い保湿作用があるので、ヒリヒリ赤くなった鼻の下を保護する効果も期待できます。

花粉が飛ぶシーズンはメイクが出来ない悲しい季節ですが、ひと工夫することによって、メイクが出来ない状態を打破することができます。

まとめ

いかがでしたか?
涙や鼻水が出るなら、ウォータープルーフで逆に適応してしまおうという工夫ができちゃうんですね。
さらに、ワセリンでの保湿パワーも組み合わせたら効果アップしそうです。

花粉症に振り回されず、メイクをばっちり決めていきましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?