Original

誰でも簡単に見極められる!花粉症と風邪の症状の違いとは?

スマ診ならスマホ1つで花粉症治療ができます


花粉症と風邪の見分け方

春になると多くの人が辛い症状を訴える花粉症ですが、初めて花粉症になった人は大抵の場合、自分が花粉症だと思わず、風邪を引いたと思って放置しまいがちです。
風邪だと思って市販の薬を購入して飲んでみても、全く改善できず、花粉症の症状がひどくなってしまってから病院で相談するのでは、その間の生活の質が落ちてしまうので、大変もったいないです。

花粉症と風邪の症状の違いは、まず、鼻水の状態です。
風邪をひいている時の鼻水はウイルスに対して抵抗しているので、粘性のあるものが出るのですが、花粉症の場合は鼻についた花粉を洗い流そうとするので、水のようなサラサラとした鼻水が出るのが特徴です。
花粉症の水のような鼻水は、本人の気がつかないうちに鼻から口へと流れ出ることも多いくらい特徴があるので、風邪との大きな違いであると言えます。

また、花粉症と風邪の症状の大きな違いとして挙げられるのが、くしゃみの回数です。
花粉症の場合は異物である花粉を体外へ排出したいために、くしゃみの回数が多く、一度くしゃみをすると、中々止まりません。
一方、風邪の場合は一度か二度で治まりますから、これも風邪と区別する時の大きな違いと言えます。
花粉症の場合は止まることを知らないような大量の鼻水とくしゃみが最大の特徴と言えるでしょう。

花粉症の症状は目や喉にも出る

花粉症と風邪の違いとして明確に判明できるのは、目の症状です。
風邪の場合はあまり目に違和感を感じる事がないですが、花粉症の場合は目が充血したり、目やにがひどくなったり、目のかゆみ、痛み、炎症などが出ますから、目に症状が出たら風邪ではないと判別しやすいです。

反対に判断が難しいのが喉の症状で、花粉症を患うと喉の痛みや咳が出るという人がいます。
風邪と間違いやすいのですが、大きな違いは花粉症の場合は乾いた咳が続きますが、風邪の場合はウイルスを撃退するために黄色い粘性の痰が出る事が多いです。
乾いた咳が続くようであれば風邪ではなく、花粉症を疑った方が良いでしょう。

最後に、花粉症と風邪で間違いやすいのが発熱です。
花粉症を患う人の中には発熱する人がいますが、ウイルスの場合と異なり、微熱が続く人が多いのが特徴です。
風邪の場合は高熱になる事が多いのですが、花粉症の場合は「何だか熱っぽい」と感じる人が多いです。

以上のように、花粉症と風邪はとても似た症状が出ますが、どれも違いがありますから、自分の症状を見極めて最適な対策をとってください。