Original

顔がかゆいのは花粉症皮膚かも!花粉症皮膚炎の対策とは?

花粉症の症状はくしゃみ、目のかゆみのほか、いろいろなところのかゆみがあります。
そしてかゆみは時に顔におよぶこともあります。

花粉症で顔がかゆくなった場合はどうするの?
かゆくならないように予防はできないの?

これらの疑問を解決していきましょう!

花粉症で顔がかゆい!

cypress

花粉症というと目や鼻の症状が有名ですが、人によっては顔に花粉症の症状が現れる人もいます。
特に衣服などで覆われていない顔は、花粉の直撃を受けやすいですし、花粉が一番飛散する時期である春は紫外線の量も増えてくるので、お肌のバリア機能が落ちていく時期でもあります。

そのため花粉の刺激に晒されやすくなるので、顔がかゆい、顔全体が腫れぼったい、顔の皮膚が乾燥して白く粉をふくといった様な花粉症皮膚炎を発症する人が多いです。

花粉症皮膚炎になると、目の周りや花の周りの皮膚の色が他の場所と違ったり、マスクが顔に当たる部分がヒリヒリしたり、ニキビの様な赤い湿疹ができたりするという特徴があります。
この様なはっきりとした症状が出なくても、春になるとお化粧のノリが悪くなると感じていれば、花粉症皮膚炎であるケースがあります。
まずはお肌のバリア機能を高めるようにするのが何よりの対策となります。

花粉症で顔を掻かないための対策とは

cool_towel

顔がかゆいとか、腫れぼったいというような花粉症皮膚炎の症状が現れたら、まずは炎症を静めるために、濡れタオルや保冷剤を使って顔の皮膚を冷やすようにしてください。
また、花粉が顔に付着しない様に、マスクやメガネをかけることも大切です。
花粉の飛散情報をチェックして、飛散量が多い日は外出を避けるのも良いでしょう。

さらに、衣服に花粉が付着して、そのまま自宅に持ち帰ってしまうことで、自宅でも花粉の被害を増大してしまいます。
ナイロン製のコートなど、花粉がすぐに落ちる様な衣服を身につけ、自宅に帰ったら花粉を玄関で払う様にしてください。

また床に花粉が落ちたままにならない様に、掃除機で吸引することも大切です。
こまめに掃除をして自宅に落ちている花粉の量を少なくする様にしましょう。

お肌のバリア機能を高めるには食生活も重要です。
ヨーグルトや納豆などの発酵食品は腸内環境を整えるので免疫力がアップし、アレルゲンに打ち勝つ力が宿ります。

また甜茶や緑茶などカテキンやポリフェノールを含むハーブティーなどを飲むと、花粉症の症状が和らぐのでおすすめです。

花粉症皮膚炎は皮膚が炎症を起こしている状態ですから、できるだけお肌にかかる摩擦を減らす事が重要です。
使用している化粧品は低刺激なもの変えて、かつお肌に触れる回数を少なくするためにオールインワン化粧品を選ぶことをおすすめします。

顔の皮膚が荒れていると女性は気分が凹むものですから、まずは少しずつ改善していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

花粉症皮膚炎対策は、予防としては免疫力アップが、なってしまったときの処置としてはぬれタオルなどで冷やすのが効果的なんですね。

それでも、我慢できないほどつらくなったら素直に病院に行きましょう。
間違ってもかきむしってお肌を台無しにしてしまうことがないように…。

お肌の調子を保って、花粉症の時期も素敵な素顔ですごしましょう!