Original

秋の花粉症にも要注意!

気候に恵まれた秋は絶好の行楽シーズン。
紅葉の楽しみなどもありあちこちに出かける方も多いはず。
しかしそんな外出時に花粉と接触して花粉症を起こしてしまうこともあるので要注意です。

春に比べて秋の花粉症はあまり話題にならないこともあってか油断してしまうことが多いので花粉症もちの方は秋の花粉についても基本的な知識を踏まえておきましょう。

9月は秋の花粉症のトップシーズン!

秋の入口となる9月は花粉の飛散量が非常に多くなる時期です。
スギ花粉が飛散する春に比べると量は劣りますが、花粉症を引き起こすのに十分な量が全国的に飛散するのです。

しかも秋の花粉症の原因となる植物の多くが9月に花粉の飛散量がピークに達するため、いろいろな植物の花粉が花粉症を引き起こしてしまう恐れもあります。

中でも秋の花粉の代表格といえるのがブタクサです。
キク科のこの植物はアメリカ原産でアメリカでは花粉症といえばこのブタクサ花粉のものがメインとなっているほど。
生命力が強く全国各地に存在し、しかも公園や空き地など雑草・野草が生えているところによく見られるなど日常的に接触する機会が多い点も厄介です。

とくに関東では8月の半ばくらいから10月はじめまで花粉の飛散量が多くなります。
ブタクサと同じキク科に属するヨモギも秋の花粉症をもたらす植物のひとつで、こちらはピークが少々短く9月半ばから後半にかけての間に限られています。

関東では10月のカナムグラにも注意!

これらキク科に加えてアサ科のカナムグラも秋に注意したい植物です。
関東に多く見られ、しかも飛散量のピークが長い非常に厄介な植物です。

関東では8月の半ば過ぎくらいから花粉量が多くなり、9月がピーク、その後10月いっぱいまで多い状態が続きます。
他のエリアではもう少し短く、関西では10月はじめ、九州では9月下旬~10月はじめくらいがピークとなります。
関東地方以外ではそれほど厄介な植物ではありませんが、無視できない秋の植物です。

ほかにはイネ科のススキも9月~10月半ばくらいまで花粉が多い状態になります。
11月になると全般的に花粉の量が落ち着きますが、秋の花粉症をもたらす植物にはくれぐれも注意しなければならないでしょう。

またこれらの植物がもたらす花粉症は口腔アレルギーを併発させることもあり、トマトやスイカ、メロンといった果物・野菜を食べると蕁麻疹などのアレルギー症状を起こすこともあります。
最悪の場合アナフィラキシーショックが起こることもあるのでこの点にも注意したいところです。