Original

花粉症は内科と耳鼻科どっちに行く?

スマホ1つで花粉症治療が出来ます

「くしゃみが止まらない…目がかゆい…花粉症かな?」と思ったとき、どこに行けば治療ができるのでしょう?
初めて症状が出た人は不安に思うのではないでしょうか?

実は、花粉症を診察している診療科はいくつかあります。

どんな違いがあるのか、この記事でイメージを持って受診するとスムーズに治療ができるかもしれませんよ。

どちらでも対応してもらうことができます

OK

花粉症に一度かかってしまうと、翌年からその花粉が飛び交う季節にはお約束のようにアレルギー症状が起こるようになってしまいます。
そのため、不快な症状が気になる場合には、内科や耳鼻科などのクリニックを受診して、薬を処方してもらう方法がおすすめですね。

花粉症による症状は、目に現れることもあれば鼻に現れることもありますし、子供がかかることもあれば大人がかかることもあります。
そのため、特定の診療科に限定されているわけではなく、内科や眼科、耳鼻科、小児科などでも対応してもらうことができますし、必要な薬を処方したり、必要な検査を受けることが可能です。

一般的には、花粉症は花粉という物質に対するアレルギー症状なので、内科もしくは耳鼻科を受診する人が多くなっています。

具体的にどっちが適しているかといえば、アレルギーを専門的に行う耳鼻科の方が良いでしょう。
内科の場合には、内科という大きなくくりの中で専門性が分かれていて、消化器内科とか循環器内科などがありますが、花粉症が適用されるのは、アレルギー内科という診療科目となります。
もしもアレルギー内科が設置されているクリニックや病院なら、ここに行くのが良いでしょう。

ちなみに、街にある一般内科でも花粉症は取り扱っています。
しかし専門性の高い検査などは行うことはできないため、大まかな診察と処方箋を出してもらう程度なら、一般内科でも問題はありません。

花粉が飛び交う季節になると、耳鼻科には花粉症で悩む人たちが長蛇の列を作ります。

外来のみのクリニックは大混雑となり、場合によっては待合室で半日を過ごさなければいけないことがあるかもしれません。

スマホ1つで花粉症治療 自宅で職場でスマホで花粉治療しよう

耳鼻科では何をするのか?

耳鼻科では何をするのか?

忙しくて病院に行く時間がないから市販の薬でなんとかしたいと考えている人にとっては、いったい耳鼻科を受診して薬を処方してもらう以外に何をするのか、気になるところではないでしょうか。

耳鼻科に行くと、問診をした後に鼻の中を鼻鏡で検査します。
これによって、花粉によってアレルギー反応が起きているかどうかを知ることができるわけです。

まだアレルギー反応が起きていなくても、鼻鏡検査をする事によってアレルギーを起こしやすい体質かどうかを知ることができたり、そろそろ花粉症になりそうだなという状態も分かるので、必要に応じて薬を処方してもらうことができます。

内科を受診しても、医師によっては鼻鏡検査をしてくれることがありますが、内科の場合には服用する薬や、対症療法としての点眼薬や点鼻薬などを処方するのが一般的で、専門的な検査は行うことが少ないですね。
この点が、耳鼻科に行くことで経験できる違いと言えるでしょう。

スマ診ならスマホで診察が受けられる


まとめ

いかがでしたか?

内科、耳鼻科、小児科と幅広い診療科で対応してもらえることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

耳鼻科や一部の内科だと薬の処方以外に検査ができるなどの特徴があります。

逆に、薬の処方だけであれば近くの内科、あるいは子供が花粉症にかかったのであれば小児科を受診するということも選択肢に入ってきますね。

自分の症状や検査が必要そうかを考えたうえで、病院選びをしてみてはいかがでしょうか。