Original

花粉症で悩んでいる人におすすめのメイク方法

花粉症で出てくる涙、鼻水…メイクをする女性にとってはつらいですよね。
でも、メイクせずに出かけるわけにはいかないのも事実…
メイクの工夫、花粉症対策を駆使してメイクのお悩みとサヨナラしましょう!

メイク方法は工夫次第です

makeup-tool

普段通りのメイクをしていると、花粉症で涙や鼻水がたくさん出た時には、あっさり崩れて大変なことになってしまいます。
特にメイク崩れが気になるのはアイメイクで、マスカラやアイライナーなどが溶けてドロドロになってしまうと、メイク直しするのも一苦労。
しかも、直してもすぐに崩れてしまうのですから、手に負えません。

花粉症の季節には、症状が出ればメイクはどうしても崩れてしまうので、崩れることを前提にして、崩れても目立たないようなメイクをする事が必要不可欠です。
また、アイライナーやマスカラなどはウォータープルーフタイプが販売されているので、涙や汗などでもにじまないようなタイプを選ぶと良いでしょう。

花粉症は、花粉が目の粘膜や鼻の粘膜に付着すると症状が現れるので、まずはメイク前にまぶたの下と鼻の下、そして鼻の内側にワセリンを塗って、花粉が付着しない対策をしましょう。
ワセリンはたっぷり塗らなくても薄塗りするだけで優秀な効果を発揮してくれるので、花粉症対策としては必須です。
ワセリンを塗ることによって、花粉が付着しても粘膜に直接触れることがなく、ワセリンのベタベタした部分にくっつくので、花粉症の症状が起こりにくくなるのです。

にじんでも目立たないのがナチュラルメイク

bright-woman

花粉症で悩む季節には、涙や鼻水でメイクがにじんだ場合にも、目立たないようなナチュラルメイクを心がけるのがおすすめです。
アイメイクなら、アイライナーとマスカラはウォータープルーフタイプを選び、アイシャドウは崩れやすいパウダーではなくてクリーム系のものを選ぶと良いでしょう。
色も、濃い色を使うと崩れた時に悲惨なので、明るめのベージュ系を使ってナチュラルメイクをするのが有効です。

鼻水が止まらない人の場合、鼻の下が赤くヒリヒリして、そこにファンデーションを塗ることが憚られるということがあります。
その場合にも、ワセリンが活躍してくれますよ。

ワセリンは皮膚表面に油の膜を張ってくれるので、高い保湿効果があり、あかぎれなどの治療にも使われています。
鼻の下のヒリヒリは、鼻水を吹きすぎて皮膚に大きな負担がかかっている状態なので、ワセリンを塗って保護してあげれば、ヒリヒリを素早く治療出来るでしょう。

また、ファンデーションはワセリンの上からでもしっかり馴染むリキッドタイプやクリームタイプ、またBBクリームなどを使うのがおすすめで、これも薄付けで対応しましょう。

まとめ

涙、鼻水の対策はメイクの仕方や使う道具でいくらでも工夫ができます。
また、ワセリンの活躍も見逃せないですね。
花粉症でどうしてもメイクに苦労してしまう方、季節限定でメイクの仕方を変えてみるのも大事かもしれません。

この内容で送信します。よろしいですか?