Original

花粉症に効くツボがある!


「ツボ」と言えばマッサージや疲れを取るものと想像しますよね。
ツボは体中にたくさんあり、それぞれの体の器官と繋がっています。
そしてそれぞれのツボを押していくことで体の各部位の機能を回復したり、活性化したりする作用があります。
そのためツボを押すことで疲れが取れたりリラックスできたりするんですね。

実はツボはそれだけでなく、病気の症状を軽減できる効果も持っているということを知っていましたか?

この記事では花粉症に効く4つのツボを紹介していきます。

花粉症に効くツボを知ることでその場で辛い症状を少し軽くできるので読んだ後はぜひ試して見てくださいね。それではいってみましょー!

ツボは民間療法


私達の体には全身あらゆるところにたくさんのツボがあり、それぞれ体の器官とつながっています。
どの機能を改善したり活性化したいかによって効くツボが異なるわけですが、その中には花粉症の症状を軽減できる効果のあるツボもたくさんあります。

花粉症は花粉という異物に対して体がアレルギー反応を起こしているという状態となるため、ツボを押す際には、どんな症状が出ているかによって対症療法を摂ることになります。

ツボを押すことで花粉を根治したり、翌年にはかからない体質を作るということは難しいのですが、現在困っている症状をスッキリ解消することはできるので、日常生活の中にうまく取り入れながら対応したいものです。

目のトラブルを解消するツボ

花粉が目の粘膜に付着すると、まぶたが腫れたり目がかゆくなったり、涙が止まらなくなってしまうという症状が起こってしまいます。
こうしたトラブルを解消するためには、攅竹や睛明などが適応ツボとなります。

攅竹

攅竹は、左右の眉頭の内側に位置しているツボで、指の腹で押すと痛みを感じる部分ですね。
花粉症の症状が出ている人なら、軽く押しただけでも痛いことが多いのですが、押しても痛くない場合には、場所が正しいことを確認した上で、すこし痛みを感じるぐらいまで強めに押してみてください。
5秒程度押したら力を抜き、再び5秒押すという感じで刺激してあげましょう。

睛明

睛明というツボは、目頭と鼻の付け根を結ぶライン上にあって、骨が当たる部分に位置しています。
眼精疲労などの時に指で目頭を押さえることがありますよね?
ちょうどそのあたりのツボということになります。

鼻のツボなら上星と迎香

花粉症で鼻水や鼻づまり、くしゃみなど鼻にトラブルが起こりやすい人は、上星と迎香というツボが有効です。

上星

上星は、鼻のラインをまっすぐ頭頂部に向けて伸ばした場所にありますが、ちょうど髪の生え際から指1本分程度上の部分に位置しています。指で押してみると鈍い痛みを感じる場所なので、探して刺激してみてください。

迎香

迎香のツボは、鼻の小鼻の左右にあり、皮膚が少しくぼんでいる位置にあるのが特徴です。
軽く押しただけでは痛みを感じにくいので、少し強めに押して痛みを感じることでツボの位置を確認するのがおすすめですね。

まとめ

いかがでしたか?
攅竹と睛明は目のトラブルを抑えてくれ、上星と迎香は鼻のトラブルを抑えてくれるのですね。

花粉症対策向けのツボは、顔の目や鼻のそばにあるので、手軽に刺激しやすいのが魅力的ですね!
日常生活の中でも隙間時間を見つけてサッと刺激し症状を軽くしていきましょう。

続けていると目や鼻の機能も改善されるので症状がどんどん症状が改善されます。
押しても痛みを感じにくくなったら、それは改善されているというサインなので、継続して症状を改善していきましょう。

この内容で送信します。よろしいですか?