Original

花粉症で病院に行くなら何科?かかる費用は?

「くしゃみが止まらない…鼻だから耳鼻科かな…?」

スマ診ならスマホ1つで花粉症治療ができます

花粉症にかかった場合、どの診療科に行けばいいのか、迷っていませんか?
もちろん、症状が出ている箇所に合わせて受診するのもいいのですが、実は内科や小児科など、花粉症は幅広い診療科で対応されています。

「自分の症状が出ている箇所の専門じゃない診療科だとどんな治療をしてくれるの?」「治療にはいくらかかるの?」などといった病院選びの気になるポイントをまとめてみました。

花粉症の症状に合わせて診療科を決める

allergy

花粉症で不快な症状が出ている場合には、対象となる診療科目はたくさんあります。

例えば目だけにトラブルが起こっている場合には眼科で対応してもらうことができますし、鼻水や鼻づまりなど鼻に症状が出ている時には耳鼻科に行くと良いでしょう。

しかし、人によっては目や鼻など複数に症状が出ていることがあり、この場合にはわざわざ眼科と耳鼻科の両方に行くのは面倒です。
そんな時には何科に行けばよいのか迷ってしまう所ですが、街の個人経営している内科クリニックなどに行けば、問題なく対応してくれますし、必要な薬も処方してもらうことができるので安心です。
また、子供の場合には小児科に行っても対応してもらうことができます。

かかる費用はどのぐらい?

money

花粉症の治療では、何科を受診しても健康保険が適用される治療なら費用は変わりません。
しかし、初めて花粉症を発症してしまった場合には、今後の対応や治療法なども含めて、一度アレルギー検査をする事をお勧めします。

アレルギー検査というのは、花粉症でも具体的にどの花粉に対してアレルギーを持っているのかを調べる検査のことで、病院ではいろいろな種類の検査項目から選ぶことができます。
アレルギー検査の場合には血液が必要となるので採血しますが、一度アレルギー検査をしておけば、翌年からの対応が取りやすくなります。

血液検査以外には、皮膚に複数のアレルギー成分を張り付けて、アレルギー反応を起こすかどうかをチェックするというブリックテストという方法があります。
採血をしないので痛くはありませんが、アレルギー反応を起こした部分だとかゆくてたまらなくなってしまいますし、お風呂にはいれないなど日常生活で制限がかかるというデメリットがあります。

どちらの場合も健康保険が適用されるので、検査にかかる費用は3000円程度となりますが、アレルギーの度合いなど詳しい部分まで調べることができるのは血液検査なので、一度だけうけておくと安心かもしれませんね。

花粉症で通院する場合には、診療にかかる費用と処方箋の費用を支払うことになります。
どんな薬を出してもらうかによって通院費用は変わりますが、健康保険が適用されることがほとんどなので、費用的にはそれほど多くはかかりません。場合によっては数百円程度ということも多いでしょう。費用を安く抑えたい時には、ジェネリック薬品を依頼すれば、対応できる範囲で対応してもらうことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

症状が出ている箇所以上に、薬をもらうだけがいいのか、検査がいいのか、そのあたりが診療科選びで重要になってきます。
迷ったら、検査も受けやすい耳鼻科がおすすめです。
検査にも血液検査やブリックテストといった様々な種類がありますし、薬もジェネリックという選択肢があります。

花粉症で病院へ行く際は診療科のほかに、検査や薬のことまで含めて計画を立ててみるといいかもしれませんね!

この内容で送信します。よろしいですか?