Original

大阪の花粉シーズンはいつ?

大阪は同じ大都市でも東京に比べると花粉症のリスクはそれほど多くないといわれています。
気候や土地条件の関係で関東に比べると関西全般が花粉の飛散量が少なめで対策をしやすい面があるからです。
とはいえ、春先を中心に花粉が多く飛散するのは事実ですから注意するに越したことはありません。

大阪の花粉シーズンはいつなのか?

時期も東京に比べて特定しやすく、3~4月です。
日本の花粉症の大半を占めているも言われるスギの花粉量が多くなるのがこの時期。
ですから大阪で花粉症に悩んでいる方の多くもこの時期にもっとも悩ましい思いをさせられることになります。

ただスギの花粉の飛散量は2月頃から多くなり、3月に入る頃からピークに達する状態になるので花粉症を抱えている方は2月の段階から対策を行っておく必要があります。
3月いっぱいはマスクやメガネなどで花粉が粘膜や皮膚と接触するのを防ぎ、衣服に付着した花粉を室内に持ち込まないよう心がけましょう。

4月に入ると量が減っていきますが、それでも4月いっぱいくらいまでは花粉症のリスクが続くので「もう大丈夫だろう」と油断しないことも大事です。
東京の場合はピークが2~4月とほぼ3ヵ月続くのに対して大阪ではピークが1ヵ月半くらいと恵まれた環境にあります。

このピークの時期が東京を中心とした関東に比べて短いというのはスギ以外の植物にもいえるもので、スギと並ぶ春の花粉の代表格となるヒノキもピークは3月後半~4月後半くらいまでとなっています。
ただスギのピークと少しずれているうえ、スギ花粉にアレルギー反応を示す人の多くはヒノキの花粉にも反応するので両方の花粉に対して飛散量が少なくなるまでしっかりと対策を続ける必要があります。

秋にはそれほどリスクがない

もうひとつ、大阪と関東との花粉環境の大きな違いとなるのが秋の状況です。
関東では秋になるとブタクサの花粉が多く飛散し、花粉症の原因になることが多いのですが大阪ではそれほど脅威ではありません。

ブタクサの花粉のピークは9月の後半、それも関東に比べると量はそれほど多くありません。
同じく秋の花粉症の原因となるアサ科のカナムグラも10月前半に少し多くなる程度。
秋に注意しなければならないのは8月半ば~9月半ばに飛散量が増えるイネ科の植物くらい。
秋の花粉シーズンといえる時期はないともいえるのですが、花粉症の不安がある方は一応注意しておくとよいかもしれません。