Original

花粉の飛散期間を把握して花粉症の時期を乗り越える方法

スマ診ならスマホ1つでで花粉症治療ができます

花粉症の対策は、やみくもに春にやればいいっていうものではありません。
自分の花粉症の症状が出る時期を把握するところから花粉症対策は始まるのです。

「どういうこと?春じゃないの?」と思った方。
かかっている花粉症の種類や住んでいる地域によって、時期はずれてくることが多いものです。

この記事で、時期の見極め方を覚えていきましょう!

花粉症を患っている人が注意するべき期間とは

calendar

多くの日本人が患っている花粉症と言えば、スギ花粉でしょう。

スギ花粉症は風によって花粉が広範囲に飛散されますし、期間は一般的に2月くらいから5月くらいまでと長期間に渡りますので、症状をひどくさせないためにも早めの対処が必要です。

また日本列島は南北に連なっている国なので、スギ花粉の飛散の期間も九州では1月頃から、東北では3月頃からとかなり幅があります。
しかし、スギがあまり植生していない沖縄や北海道では、スギの花粉症を患っている人があまり見られません。

さらに花粉症に悩んでいる人はスギだけでなく、他の花粉が原因になっている事があります。

例えば、イネ科の植物であったり、ブタクサ系の植物であったりすれば、花粉の飛散時期は違ってくるので、これら全ての植物に対してアレルギー症状を抱えているのであれば、通年を通しての対策が必要です。

花粉症の原因と対策

coat

花粉症になると、主にサラサラとした水のような鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状が見られますが、これらは異物であるアレルギー物質に対して反応した免疫反応です。
鼻などの粘膜に花粉(アレルギー物質)が付着すると、体内に抗体が作られます。

そして肥満細胞と結合した後、再び花粉(アレルギー物質)が侵入してきた時に、ヒスタミン等のアレルギー誘発物質と結びついて、鼻水やくしゃみなどが止まらなくなってしまうのです。

いくら体の免疫反応とはいっても過度に免疫反応が働いてしまうと、仕事や病気に対する集中力が下がってしまい、生活の質が落ちてしまいます。

花粉症かなと思ったらすぐに検査を受けて、自分がどの植物の花粉症であるかを突き止める事が大切です。

物によって花粉の飛散時期が変わってきますから、それを確認して花粉が飛散する1ヶ月前くらいからマスクを着用したり、花粉がつきにくいような服、例えばスプリングコートのような服を着用するなど対策をするようにしましょう。

睡眠不足は花粉症の症状を悪化させてしまうので、熟睡するように心がけるのが大切ですが、すでに花粉症の症状が出ている時は熟睡できないかもしれません。
その際は病院で抗アレルギー薬や抗ヒスタミン剤、点鼻薬を処方してもらって症状の緩和に努めてください。

内服の効果が出なかったり、妊娠中で薬を飲む事ができない場合は、皮下免疫療法などの内服をしないでアレルギー症状を完治させる治療法があります。
ただし、副作用が出るリスクがありますし、長期間の治療になりますから、医師に詳細を確認してから行うようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

スギのような花粉症の原因となる植物が生息していないとラクなんですが、そうはいかない人も多いですね。
それでも、地域の花粉予報などの情報を入手して、事前に花粉を避けることができれば症状が軽くて済むかもしれません。

時期を見極めたものが花粉症のシーズンを制します!
楽に過ごせるように工夫していきましょう!