Original

花粉が飛散する時期は?

突然ですが、質問です。
花粉症の季節っていつごろからですか?

多くの人は「春」と答えるのではないでしょうか。

しかし、この記事ではその答えに「No!」とあえて言います!
「だって春にみんなマスクしてるじゃん」と思ったあなた、この記事で花粉症のシーズンの広さを知っていただけたらと思います。

花粉の飛散量が多くなると花粉症のリスクが上昇

cedar

花粉症とは空気中を飛散する花粉が鼻や目、口といった粘膜と接触することで免疫機能が過剰に反応して鼻水やくしゃみ、咳といった症状が見られることです。
ですから空気中の花粉の量が多ければ多いほど発症のリスクが高くなり、また症状も重くなっていきます。

注意したいのは花粉はほぼ一年中飛散していることです。
何かしらの植物が花粉を飛散させているため、寒冷な北海道など一部の地域を除くと一年中花粉と接触している形になります。

近年では関東を中心にスギ花粉による花粉症が2月ごろから見られるようになるなど、「花粉症は春」というイメージを改めたうえで準備や対策を行っていく必要も出てきています。

花粉が飛散する時期とは?

itch_girl

春が花粉症のシーズンといわれるのはおもにスギとヒノキの花粉の飛散量が多くなるからです。
その結果として花粉症のリスクが増大するため、この時期はとくに注意が呼びかけられているわけです。

ただ花粉症をもたらす花粉はこの2つだけではなく、ほかにもあるため、必ずしも春が花粉が多く飛散する時期とはいえない面もあります。
人によっては春よりも秋に花粉症に悩まされることも多いのです。

現在日本の花粉症の7割がスギの花粉によるものといわれており、やはりスギ花粉への対策がもっとも重要なポイントとなります。
シーズンは3月を中心とした春ですが、気候や地域によって若干時期に違いが出てくるので注意しなければなりません。

もっとも厄介なのが関東地方で2月には飛散量が多くなる上、多い状態が4月いっぱいまで続きます。
しかも5月に入っても急激に少なくなるといったことはなく、多めの状態が6月くらいまで続くため、症状がズルズルと続いてしまうことが多いようです。

西日本では関西と九州とで若干時期がズレており、関西では2月後半~4月前半くらいまでがピークになるのに対して九州はやや早めで2月前半~3月後半くらいまでがピークにあたります。

スギだけではない!

Ragweed

注意しなければならないのが秋の花粉症の時期です。
キク科のヨモギやブタクサは秋が花粉の時期にあたるため、9月を中心とした前後1ヵ月くらいが花粉症が増える時期になります。

この時期はどうして油断して花粉症対策がおろそかになってしまいがちなので春の花粉症に悩まされている方は秋にもマスクなどの対策を心がけるようにしましょう。
とくにブタクサは花粉症を起こしやすい植物なので気をつけなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?

スギ花粉が多い日本では確かに「花粉症の時期といえば春」と答えたくもなりますが、花粉症は春だけのものではないんですね。
一年中、何かしらの花粉は飛んでいる…いわれてみると当たり前のように感じるかもしれませんが、「花粉症は春」というイメージでいるとなかなか気づかないものです。

これまでに、春じゃなくても季節によってアレルギーっぽい症状がみられた方、もしかしたら花粉症かもしれません。
思い当たる節があれば病院へ行ってみて検査してみるといいでしょう。