Original

花粉症を予防する方法はある?

スマ診ならスマホ1つで花粉症治療ができます

「花粉症は春だけ我慢すればいいから」と花粉症の症状が出ても何もせず過ごしていませんか?

花粉症はアレルギー反応なのできちんと予防すれば症状を和らげることができます。

この記事では花粉を予防するための方法を紹介しているのでぜひ試して今年の花粉症に備えてくださいね。

アレルギー症状なので治療よりも予防


花粉症は花粉という物質に対するアレルギー反応です。
花粉が粘膜に付着してもアレルギー反応を起こさない人もいれば、過敏に反応して鼻水とか目ヤニ、くしゃみなどの反応を起こしてしまう人もいますが、こうしたアレルギー反応は、一度体が異物だと認識した物質に対しては、その後同じ状況が起こると必ずアレルギー反応を起こしてしまうという特徴があります。
そのため、花粉症も、一度かかると生活環境を変えない限りは同じ花粉に対して毎年花粉症の症状が現れることになるのです。

すでに花粉症にかかってしまった人は、残念ながら毎年その花粉が飛ぶたびに不快な症状が出てしまうリスクはかなり高いため、早めに病院で薬をもらって対策をするとか、外出の際には対策グッズを活用するなど、乗り切るための工夫が必要となるでしょう。

一方、まだ一度も花粉症の症状が出たことがないという人は、まだ体が花粉を異物だと認識していないということなので、かからないように予防することをおすすめします。

普段の日常生活の中でも予防できます


花粉症を予防するためには、できることはたくさんあります。

例えば、体の免疫力をマックスにする事は花粉症予防につながるので、免疫力を下げないように毎日睡眠時間はたっぷり確保するとか、体を冷やさないように温めるなどの工夫をしましょう。

また、食生活でも免疫力を高める作用を持つ肉や魚、玉ねぎやカボチャなどの根菜を積極的に食べることで、体を温めて免疫力維持に努めると良いですね。

また、免疫力が低下していてもそばに花粉がなければアレルギー症状が起こることはないのですから、花粉を出来るだけ近づけない工夫も予防法となります。


まとめ

睡眠時間を十分に取る、体を冷やさないようにする、体を温める食物を取るなど健康な生活を送ることで免疫力を上げることで花粉症の予防に繋がります。

また家に入る前に服の花粉を落とす、室内は加湿器で花粉が飛ばないようにする、マスクをして外出するなど花粉を体内に入れないことも花粉症の予防になります。

花粉症歴が長い方も今年からなったという方も花粉を予防するということを意識して辛い花粉症の時期を乗り切りましょう!