Original

春の花粉症の特徴とアレルギー症状

春、3~5月は花粉症のトップシーズン、ここ日本では花粉症といえば春の花粉症を言うほどです。

秋の花粉症も無視できませんが、花粉対策といえばまず春に大量に飛散する花粉をどう防ぐかが第一といえます。

3月は花粉症のトップシーズン!

そんな春シーズンの中でもピークといえるのが3月です。

これはスギ花粉の飛散量がもっとも多くなる時期だからで、春の花粉症に悩まされる人のほぼすべてがこの時期にくしゃみや鼻水、かゆみといった症状に見舞われることになります。

ただスギ花粉に関しては春の一歩前、まだまだ寒さが厳しい2月の段階で花粉量のピーク期が訪れます。
そのため春の花粉症は春になってから発症するわけでは必ずしもなく、冬の花粉症を引きずる形で症状が続いたり、さらに悪化してしまうことも多いのです。
ですから「まだ冬だから」と油断せずに春が来る前からスギ花粉対策を行っておく必要があります。

4月からはヒノキの花粉も…

スギ花粉だけなら3月がピークなのですが、4月になるとヒノキの花粉の量がピークに達します。
スギ花粉の飛散量のピークが2~4月なのに対してヒノキは3~5月とややずれているのです。

しかもスギとヒノキの花粉は構造がよく似ており、一方にアレルギー反応を起こす人はもう一方にも起こしやすい傾向が見られます。
つまり2~5月、冬の終盤から春全体にかけて花粉症対策が求められるわけです。

なお、地域や気候によってスギとヒノキの花粉量が異なり、関東ではスギ花粉が圧倒的に多いのに対して関西では年によっては量があまり変わらないこともあります。
また前年の夏場の平均気温が高いと花粉の量が多くなる傾向があるため、夏が暑かったかどうかでも春の花粉症のリスクが変わってきます。

なお、北海道ではスギやヒノキが少ないので花粉症のリスクも少ないのですが、その一方で寒冷地に自生しているシラカバやハンノキなどカバノキ科の花粉が3~6月くらいにかけて飛散しているため、必ずしも花粉症と縁がない地域とはいえない面もあります。

まとめ

春の花粉症は花粉の量が多いことから症状が重くなりやすく、口腔アレルギーが併発するケースも見られます。
スギとヒノキの場合はトマトを筆頭にメロンやスイカなどを食べたときにアレルギー症状が起こる可能性があります。
このような日常生活に支障をきたすような症状に悩まされないためにも2月の段階から春の花粉症対策を開始し、花粉を粘膜や皮膚に接触しないようマスクやメガネなどの対策をしっかりと行っておきたいところです。

この内容で送信します。よろしいですか?