Original

花粉症の新治療法!舌下免疫療法の種類と方法とは?

花粉症に苦しんでいるあなたに質問です。
花粉症の治療といえば、どんな方法がありますか?

「薬を飲む」「点鼻薬、点眼薬をさす」という答えが浮かんだのではないでしょうか。
しかし、これらの答えは残念なことに花粉症の根治に至らないのです。

今回はなんと、根治につながる治療法である「舌下免疫療法」をご紹介します。
どんな方法なのか、基本的な内容と注意点を見ていきましょう。

花粉症を根治できる治療方法です

doctor

花粉症の治療法には、起こっている症状を抑える対症療法と、花粉に対してアレルギー症状を起こさない体質を作る根治療法とがあります。
どちらの種類も花粉による嫌な症状を抑えるという結果を手に入れることができますが、根本的な解決を希望するなら根治療法がおすすめです。

根治療法というのは、アレルギー反応を起こす花粉を意図的に少量だけ体内に注入し、体を少しずつその成分に慣れさせていくという種類の治療法なのですが、従来は注射という方法がとられていました。
しかし、注射だと痛みがあるので定期的に受けることに対して抵抗を持つ人はとても多く、その代替治療法として導入されたのが、舌下免疫療法なのです。

舌下免疫療法とは?

舌下免疫療法というのは、注射による根治療法と同じ減感作療法という種類の治療法に分類されますが、注射のように痛みがある方法ではなくて、花粉を抽出したものを少しだけ舌下に垂らすことで体内に注入するという方法です。

味が好きとか嫌いという感想は人それぞれ異なりますが、注射のように痛くはないので、子供の花粉症対策としても有効ではないでしょうか。
もちろん、すでにアレルギーを持っている成分をあえて体内に注入するので、注入する量が多すぎれば当然、花粉症のようなアレルギー症状は起こりますし、場合によってはアナフィラキシーショックのリスクもあります。

そのため、この種類の治療は舌下免疫療法でも注射による療法でも、医師がそばで注意観察しながら慎重に進めなければいけません。

舌下免疫療法はいつから始めるの?

calendar

舌下免疫療法は、花粉症の根治治療なので、いつからでも始めることができます。

ただし、すでに花粉が飛んでいて不快な症状が出ている場合には、シーズンが終わるのを待ってから治療をスタートしたほうが良いかもしれませんね。
理想的なのは、花粉が飛び始める3か月以上前なので、スギ花粉に対してアレルギーを持っている人なら、早ければ1月ぐらいから飛び始めることを想定して、9月~10月ぐらいから治療を始めるのが良いでしょう。

ちなみに、この治療は2014年から健康保険が適用される治療法となっているので、定期的に通院しても治療にかかる費用を低く抑えることができます。
この治療の有効率は80%程度とかなり高いのですが、場合によっては治療効果がイマイチという人もいるので、万が一治療をしても治らない可能性はあるという点は理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

舌下免疫療法は時間をかけて免疫力をつけていくことで根治できる、花粉症患者にありがたい治療法ですね。
しかも、注射で痛い思いをすることがないのも魅力的です。

ただし、「時間がかかる」「100%きくとは限らない」というポイントも頭に入れておく必要があります。
舌下免疫療法を始めるなら計画的にやっていきたいですね。