Original

スギの花粉症とアレルギー症状について

スマホ1つで花粉症治療

突然ですが、花粉症を引き起こす植物といえば?
ぱっと思い浮かぶのはスギ・ヒノキでしょうか。
スギ科、ヒノキ科、のほかにもイネ科やアサ科など様々な種類があります。

「自分の花粉症には関係あるの?」と思う方も、知っておくとピークの時期に対策を立てるのに役立ちます。

今回は、日本人の花粉症の代表格ともいえるスギに注目していきましょう!

花粉症といえばスギ!

cedar

毎年春先になると症状が現れる花粉症。
現代社会では花粉症患者の増加と低年齢化が指摘されている一方、今でも根本的な対策・治療法がないこともあって非常に厄介な問題となっています。
そんな春の花粉症の元凶といってもよいのがスギです。
春にたくさんの人の間で花粉症が発症するのもこのスギがたくさんの花粉を飛散させるからです。

このスギ花粉による花粉症には歴史的な背景と事情もあります。
戦後に復興期に入ると建築ブームと言ってもよい状況が起こります。復興プラス新たな需要の増加で全国各地で新しい建物が続々と建てられるようになっていくのです。
その家庭で建材となる木材が不足してしまうのを避けるため、植林が大規模に行われました。
その際に主役となったのがスギです。

現在でも人工林の40パーセント以上をスギの木が占めているといわれています。
スギのおかげでたくさんの建築物を建てることができた一方、花粉症という厄介なトラブルを抱えてしまったことになります。

地域によっても異なるピーク

boy_have_map

春に花粉の量がピークになるわけですが、その時期は地域によっても異なります。
もっとも厄介なのが関東地方、まだ春とはいえない2月には飛散量の増加がはじまり、非常に多い状態がその後4月いっぱいくらいまで続きます。
つまり3ヵ月は最低でも花粉症のリスクが高い状態になるわけですが、その後も急激に減少することはなく、5月いっぱいまでは多い状態が続きます。
スギの花粉症の悩みを抱えている方にとっては4ヵ月くらいは花粉に要注意、ということになります。

一方、それ以外のエリアでは3月を中心に1ヵ月半~2ヵ月半くらいが多い時期になっています。
なお、北海道と沖縄にはスギがほとんど生えていないので花粉症のリスクもごくわずかです。

症状は?

tissue_man

世間的にはスギの花粉症の症状がそのまま花粉症の症状と見られています。
くしゃみ、咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛みや腫れ、皮膚や目のかゆみなど。
すべてスギ花粉へのアレルギー反応によって起こる免疫機能の過剰反応です。

そしてもうひとつ注意したいのが口腔アレルギー。
スギ花粉に含まれるたんぱく質と構造が似ているたんぱく質が含まれている植物を食べるとアレルギー症状が出ることがあります。
スギ花粉は他のブタクサやカバノキなどに比べるとこの点リスクはそれほど多くなく、要注意な食物といえばトマトくらいとなっています。
ただ油断しているとアナフィラキシーショックによる呼吸困難など重篤な症状に陥る可能性もあるので注意したほうがよいでしょう。

まとめ

以上、日本の花粉症の代表選手ことスギについてみてきました。いかがでしたか?

漠然と「春は花粉症に気を付ける」というイメージから少し変わって、「スギ花粉の飛散量調べてみよっかな」と思うようになったら十分かと思います。

自分の地域のスギ花粉の時期をチェックして、花粉症に備えましょう!

スマ診ならスマホ1つでで花粉症治療ができます

この内容で送信します。よろしいですか?